おかしなおばちゃまに遭遇

今さら乳腺炎というものになってしまいました。

痛い~痛い~。

こんなに痛いとは!!

寝返りもままならないじゃないかああ!!

よし!このタイミングで断乳!と思ったら、

「なるべく吸わせてください」

と言われた(泣)

おっぱいが悪い状態でも断乳はおっぱいにとって良くないそうです。

病院か桶谷か迷ったけど

5ヶ月まで通った桶谷に行ったのですが、

↑のように言われたわけです。

ついでに里芋シップをしてもらいました。

(こういう自然療法がすきなんですよねえ)

不思議とほてっていたおっぱいが治まったから不思議。

吸わせると全身総鳥肌立つくらい痛いんだけど

歯を食いしばってあげました(育児って過酷)

今日はやっとかなり楽になってきたけど

桶谷にマッサージしてもらいに行ってきたのです。

その帰り、スーパーで買い物した時に

題名の

おかしなおばちゃんに会ったんです。

とんちゃんを買い物カーとに座らせて、

レジ待ちをしていた時、

私のうしろのおばちゃんがとんちゃんを見て

「あらあかわいい、こんにちは、かしこそうな顔してるわねえ~」

と褒めちぎり!!(いやーん、そうでしょう、そうでしょう、と心の中で思うバカ親の私)

更に優しい声で

「ぼくちゃんは幾つなのかな~」

と言ったんです。

とんちゃんはどう見ても1歳児(大きいけどさ)で

まだお話できないなんて誰が見ても分かることだから私が代返で

「1歳です」

って答えたら、急に優しい声が豹変し、

「あなたに聞いてないわよ、この子に聞いてるの」

...................................................?へ?

だって1歳っていったでしょ?あたし。今。

するとしつこく「幾つかなああ??」

ってとんちゃんに聞くわけですよ。

このときはもうこのおばちゃんはちょっとやばい系かなと悟り、私も無視してました。

すると、年を聞くのはあきらめ、また褒めまくりはじめました。

「ほんと、顔がかわいいわねえ子の子、きっと将来いい男になるわ~

賢そうねえ!

目がキラキラしてるわねえ」

まあ後ろで褒めてますけど無視。

すると褒め終わると最後に小さな声で







「パパ似だねこりゃ.....ママにはまったく似てないじゃない」極小さな声ですけど

聞こえてますから!!!






..........................................................

たくさん褒めた後にそれってことは、ママに似てないってことを強調してたわけなのか?


私、なんかしました???恨まれるようなことした?


私ってこういう人に遭遇する確率高いんですよねえ(汗)

嫁に対してストレスがたまった姑系だったのかしら。

ま、おかしかったからいいんですけど~。
[PR]

by hotcocoa2001 | 2008-12-08 22:41 | 私のこころログ